公開日:29 September 2008

  • 有料:5Point
  • 収録時間:26分
  • 利用期間:1日

食は餌か文化か?

卵編




「強制換羽」
この言葉ご存知でしょうか?

若鶏は60日前後で出荷される。
人間で言えば6歳。

卵を産めるようになるには生後最低150日。
そして450日前後まで卵を産み続ける。

しかし450日を過ぎると老いた鶏はコンスタントに卵を産まなくなってくる。

その鶏に餌を与えず水だけを飲ませる。
するとしばらくすると鶏は生きるために自らの羽を落とす。
それから餌を戻しだすと再び羽を生やす。

それが「強制換羽」

そうすることによって再び卵を産めるようになる。
若返らせるための手段。

このような多大なストレスの中で無理に産卵させられてきた鶏の卵が
サルモネラ菌に対して弱くなったり鳥インフルエンザにかかったりする。

日本の伝統的な養鶏は自然の中で培われてきた。
自然のバランスが狂いだしたその原因とは何か。

卵に関する全ての知識をお伝えする。

「食は餌か文化か 牛乳編 第一回」 はこちらにて公開中!←クリック

「食は餌か文化か 豆腐編」 はこちらにて公開中!←クリック

「食は餌か文化か 大豆編」 はこちらにて公開中!←クリック

「食は餌か文化か 基礎編」 はこちらにて公開中!←クリック

公開日:29 September 2008

  • 有料:5Point
  • 収録時間:26分
  • 利用期間:1日