公開日:23 December 2020

  • 有料:5Point
  • 収録時間:29分
  • 利用期間:3日

スーパーマーケット小型店の生産性・効率アップ

第3回 「課題先進県」から見るこれから「日本に起こる事」

今後、市場が縮む国内のスーパーマーケット市場に於いて、
伸長の可能性があるフォーマットが「小型店」。
しかし、スーパーマーケットの小型店(都市部の小型SM含む)で「成功」している企業は少ない。

自社の小型店は、なかなか利益が出ない…
品揃えは大型店と同じでよいのか…

こんな悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか。
その理由を考え、どの様に改革すべきか?を考える新シリーズです。

第3回目では課題先進県で実際どのようなことが起こっているのかを学び、
その地域にあるべき小型店の姿を解説する。

小型店舗を持つ経営者から商品部、小型店舗の店長まで必見です。




<プロフィール>
信田 洋二
1964年徳島県生れ。神戸市で成長。神戸市立工業高等専門学校電気工学科卒業後、1985年入社の鐘紡株式会社を経て、1995年株式会社セブン-イレブン・ジャパン入社。
店舗経営指導員(OFC)ならびにディストリクトマネージャー(DM)として、千葉県成田市を中心とした成田地区、千葉市内などのセブン-イレブン約120店舗に対する経営指導を10名のOFC他全150名の従業員を率いて実施。
この間、成田地区(80店舗)に於いては、年商150億円を180億円に増加させるなど、地区管理経営者として地区売上拡大に大きく寄与。全体の平均日版を千葉県下9位(最下位)だったものを4位にまで引き上げ、以降5年間の前年比伸び率県下1位の礎を作る。
その後、情報システム本部発注システム担当マネージャーにて、商品部系マスタシステムの改善を図るなどの経験を経て物流部へ異動し、物流企画部門のマネージャーとして店舗への配送車両に搭載する「運行・動態管理システム」の移行開発プロジェクト責任者として陣頭指揮を執る。このシステムの導入により、燃費改善による環境負荷の軽減ならびに交通事故の減少などの社会的な貢献に実績を残す。
2010年独立後、流通・小売業、サービス業、ITベンダーなどを対象に、コンサルタントとして活躍。2013.03『セブン-イレブンの「物流」研究』(商業界刊)。
2015.10『(セブンイレブンの)発注力』(商業界刊)。

公開日:23 December 2020

  • 有料:5Point
  • 収録時間:29分
  • 利用期間:3日