公開日:15 August 2016

  • 有料:8Point
  • 収録時間:51分
  • 利用期間:3日

栃木「勝人塾2016.8」

後編 誰でも出来るような楽なゲームを楽しいと言われても「私たちには興味が無い」

サトカメは日本でマクロ的に衰退産業であった
写真業界の写真のプリントを栃木エリアに特化して、
お客さんに個別対応することでニーズを察知し、
新たなマーケットを創造してきました。

上司に褒めてもらいたいとかそんな小さなエゴではなく、
毎日感じ仕事をしているのです。

そういうプライドを持って勉強しているし、
仕事をしています。

アソシエイトは何度でも失敗を繰り返しながら
その70%以上の断られたお客さんから素直に学び
自ら感触を掴み結果的に10人に提案し、
3人のハートを動かせたらラッキー。

それがニーズを察知しマーケットを創る
ということ。

それが厳しいとか大変だとかじゃない。
ゲームに例えるならば
楽なゲームは誰でも出来るわけで
それを楽しい言われても興味が無い。


このゲームは厳しいからこそ大変だからこそ
やりがいを感じ、それが面白いということであり
そこに私たちの存在価値があるわけだ。


前編へ
企業相談編へ

公開日:15 August 2016

  • 有料:8Point
  • 収録時間:51分
  • 利用期間:3日