商人ねっと 採用情報
先輩紹介
映像ディレクター


武智暁人(たけち あきひと)

広島修道大学 経済科学部 卒業

2006年 商人ねっと 入社
商人ねっと事業部にてチーフディレクターとして活躍中。

制作する過程を楽しみながら、さらに良いものを作り続けていきたい。
武智暁人
-所属する部署ではどのような仕事をしているのですか?
現在、商人ねっと事業部の映像制作チームに所属しています。
制作しているモノは幅広く、流通業専門インターネットTV「商人ねっと」の全てのコンテンツにはじまり、CDオーディオセミナー「商人見聞録」、「やる気と感動の祭典」内の映像など、社内における全ての映像制作を企画・撮影から編集・MA、オーサリングに至るまで行っています。
スタッフ1人1人が番組の担当をいくつか持ち、最初から最後まで責任を持って作り上げていくといった状況です。
-武智さんはどのような仕事をしていますか?
映像制作に関わる部分はもちろんのこと、運営するサイトのディレクターのような仕事や、ときには営業や人事のような仕事もあります。通常の映像制作の現場であれば、制作班だけでもADやディレクター、プロデューサーといったスタッフがいて、さらにそこに技術スタッフが加わり、編集段階に入ればさらに多くの方々と共に制作を行います。
しかし、商人ねっとの現場では制作における全ての役割をほぼ1人で行っています。そのため、仕事の量は多い方だと思いますが、1つの作品が完成したときの感動は他では得られないものがあります。また、現在半年に一度開催している「やる気と感動の祭典」では、イベント屋さんとなって全体の進行や当日だしのVTR制作〜オペレーションまで携わります。 1つ1つの仕事は負担が大きいですが、それをいかに楽しく進めていけるかを大事にしています。
-印象に残っている仕事について教えてください。
「チャレンジャー あくなき挑戦者たち」というドキュメントシリーズは毎回印象に残ります。
文字通り、スーパーマーケットで働く「チャレンジャー」な方々に2日間カメラを持って密着取材するのですが、私はスーパーで働いたこともありませんし、ほとんどの方は初対面の方ばかりです。限られた2日間の中で、どう取材をしていくか、どうやってこの人のすごさをカメラに収めていこうかと、試行錯誤を繰り返しながら、そのときのベストを尽くします。編集段階でも妥協は一切しません。
これまで8名の方々を取材しましたが、今でも取材テープの内容やナレーションの一文字一文字まで鮮明に思い出すことができます。この作品を作ることができて幸運でした。
-どうして商人ねっとに入りたいと思ったのですか?
学生時代に就職先として考えていたのはテレビの現場でした。大学卒業後、実際にテレビの現場で働いてみて多くのことを学ぶことができました。しかし、徹底的な分業が進んでいる状況を見て、もっと幅広く映像に携わってみたいという意識が高まり、たまたま映像制作スタッフの募集をかけていた商人ねっとに応募したのがきっかけです。
商人ねっとの制作環境は、撮影も編集も何でもかんでもすべて自分1人でやりますので個人個人のレベルが映像の仕上がりに大きく反映してきます。しかし、だからこそ自分の成長が映像として目に見えて分かった時には、大きな感動があります。
-仕事を通じて、成長できたことを教えてください。
入社して1、2年は試行錯誤の連続でした。商人ねっとも立ち上げ当初だったということもあり、同じ仕事は1つもなく、すべてが新しい仕事。同じことを繰り返すことで成長することもありますが、新しいことだらけで成長するという環境が商人ねっとだと言えます。
なにしろ、作り方にマニュアルがあるわけもなく、教えてくれる先輩もいません。作り上げた作品にも社内プレビューの中でバシバシ修正の指示がきます。そのため、柔軟に対応する能力は鍛えられたと思います。
コンサルタントの先生はもちろん、ときには大企業の社長様や幹部の方々にも出演していただく機会がたくさんありましたので、そのような方々とお話する中で得られた成長もたくさんあります。
-今後の目標を教えてください。
最近では3D映像が出てきたり、テレビもハイビジョンが普及して地デジに完全移行したりと、映像技術は日進月歩で進化しています。しかし、「映像」の演出方法については、ほとんど昔から変わっていません。映像を作る上で大事なのは、ハード面よりも「どんなことを、どんなふうに伝えたい」というソフト面だと思います。
これは、あらゆるビジネスの中でも同じことが言えると思います。
結局、最後は「人」が進化していかなければ良い映像は作れないと信じています。流通業界に働く方々の心に響く良い映像を作り続けていれば、なんだかもっと社会全体が明るく楽しくなっていくと思うんです。だから今はとにかく技術の進歩に置いて行かれないように、作り手である自分自身の成長を追及していきたいと思っています。