栃木「勝人塾2016.4」

サンプル再生画面

栃木「勝人塾2016.4」

前編 絶対に値引くな。しかし、それでは売れないから君ならどうする?

      本編を視聴する  

中国の小売業界で働くスタッフとなると
基本的には地方から来た貧しい家庭の子になる。

そうなると自然と教育水準が低くなる。

貧乏人の子供は教育水準が低い
教育水準が低いから結局は貧乏人になる。

しかし、中国蘇州FC店のスタッフを集めて
ミーティングをしたときのこと。

「何のために働くのか?」
と質問したら

「家族のためだ」という意外な言葉に
佐藤勝人は驚かされた。

「家族は何人だ?」と聞くと
「5人いる」という。
その家族のために働いているという

そこで、佐藤勝人は、こう言った。

「君たちは歩合給なのだから
 明日から一銭も値引くな。
 自分たちの家族のために値引かずに売れ。
 
 そこでお客さんにいろいろ言われたからと言って、
 絶対に値引くな。

 しかし、それでは売れないから
 君ならどうする?」
 
 
あなたならどうするだろうか?



セミナー収録日 2016年4月5日

後編はこちら
企業相談編はこちら

■公開日:2016/4/15

  • 有料:8Point
  • 利用期間:72時間
  • 収録時間:51分
  • 視聴する

出演講師の主な出版物

断トツに勝つ人の地域一番化戦略−新たなマーケットはズバリこうつくれ!
中小企業の経営者、事業承継者、今こそチャンス! 日本一の最強ローカルチェーン「サトーカメラ」を率いつつ、全国各地でグループコンサルティング「勝人塾」を主宰する著者が、地方都市、衰退業種でも新たなマーケットを創造し、断トツに繁盛する実践法を伝授する。

たくさん売りたきゃお願いするな! 「この人から買いたい」と思われる27の鉄則
大企業のトップ営業マンが次々研修に訪れる伝説のカメラ店の「販売の達人」が明かす、 お客に“100%好かれる方法”

日本でいちばん楽しそうな社員たち
■部下育成や会社の停滞ムードに悩むリーダー必読! ■おちこぼれ社員たちが、突然、結果をだしはじめた理由とは ひたすら指示まち、極度のあがり症、上から目線のボンボン・・・。 どこも雇ってくれなかった社員たちに、突然、やる気のスイッチが入ったわけとは。 来客リピート率80%、利益率40%を叩きだす最強小売チェーン「サトーカメラ」の常識やぶりな働き方に迫る。

売れない時代は「チラシ」で売れ!
たった1枚のチラシで中小店が巨大チェーンに打ち勝つ、売れない時代の新・販促戦略を、 北関東No1カメラ店経営者であり、日本全国にファンを持つ"日本一のチラシプロデューサー"がアツく語る。 商品選びからエリアマーケティング、売り場での活用、社内の情報共有、経営改善まで、 商品と現場を一体化させて地域一番店をめざそう!

エキサイティングに売れ!
これまでの20年にわたるカメラチェーン店経営と日本全国の中小店への経営指導から編み出した、これからの中小店の生き残り策が明快に解き明かされている。 本当の意味の地域密着とは? 商売とは? サービスとは? 人材育成とは?

「一点集中」で中小店は必ず勝てる!
佐藤勝人流「一点集中」作戦であなたの店も必ず飛躍する。
佐藤勝人(著)

日本一のチラシはこうつくれ!
当たり前のことを書けば年商50億も夢じゃない!
佐藤勝人(著)

チラシで攻めてチラシで勝つ
元不良、ダメ店長だった著者が、独自のマーチャンダイジング論で、「得意商品」、「価格帯」、「地域」、「客層」ごとの一点突破のノウハウを具体的に解説する。

週間ランキング (2/15-2/21)

第25回売場大賞 「Xmas~年末・年始商戦」 結果発表&受賞作品解説

「第25回売場大賞」のテーマは「Xmas~年末・年始商戦」。 今回はどのような売場展開が行われたのでしょうか… 果たして、大賞はどの企業に!?

動画で学ぶ!今月の秀逸コトPOP 2018年3月号

月刊「商業界」で大好評連載中の「今月の秀逸コトPOP」との連動番組の第24回。 今月は青森県・弘前市の「ひろさきマーケット」のコトPOPをご紹介いたします。

栃木「勝人塾2017.12」 企業相談編

社員ゼロ、家業のカメラ店をたった一代で 18店舗のチェーンにまでのし上げた天才経営者・佐藤勝人が 経営戦略・地域戦略・販促・広告・部下指導・事業継承など 経営のすべての悩みを解決する。 全国15箇所で開催される佐藤勝人の会員制セミナー「勝人塾」 の中から、佐藤氏の地元開催でもある「栃木会場」の模様を配信中!

しまむら式 異常値販売 成功の極意 異常値販売がもたらす4つの効果

他業界・他業種の攻勢や人手不足など問題が山積みの昨今。 この状況で売上・利益を残すため売れて儲かる商品の「異常値販売」に挑戦している、 しまむらストアー すみれ平店に完全密着!

水元仁志の「売場クリニック」 2018年4月号 洋日配部門

トレンドに左右されやすい洋日配部門。 今回のクリニックでは、最新のトレンドを踏まえながら どのような商品を売り込むべきなのかを中心に解説。


このページのトップヘ